NIES GOSAT-2 Project Logo

 

【報道発表】

 

「いぶき」(GOSAT) 観測データによる

  大都市等の人為起源二酸化炭素濃度の推定結果について
   
 

   国立環境研究所GOSATプロジェクトから報道発表のお知らせです。 環境省、国⽴環境研究所(NIES)及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT ゴーサット )を⽤いて⼆酸化炭素やメタンの観測を⾏っていますが、平成21年6月から平成26年12月までの5年半に大都市等とその周辺で取得された「いぶき」データの解析を進め、東京都市域を含む世界の大都市等における人為起源二酸化炭素(CO2)濃度の推計を行った結果、人為起源二酸化炭素濃度についてGOSATと排出インベントリの対比が改善されたことが確認されました。

   
 

詳しくは下記プレスリリースをご覧ください。

 

 

 

プレスリリースはこちらから直接ダウンロードPDF

 

 

 

Updated: September 1, 2016